top of page

消防団学びの窓「火災編」vol.2

みなさん、こんにちは。消防団学びの窓を開く時間です。

消防団員さんと一緒に消防団学びの窓を開きましょう!


前回の消防団学びの窓では、燃焼現象についてお話をしました。

では、今回は、燃焼現象を少し詳しく、熱と空気の流れについてお話をします。


「温度」熱い、冷たいを表すときの数字です。

この温度は、空気中などを自由に動き回る「分子」の運動エネルギーの平均になります。

温度が高い⇒分子の運動エネルギーが高い(分子が激しく動いている)

温度が低い⇒分子の運動エネルギーが低い(分子が穏やかに動いている)


分子!?消防ってこんなとこまで知らないといけないの!?

いえ、なんとなく頭の中でイメージしていただければOKです。


【空気の流れ】

気体の密度は温度と反比例します。

温度が高い(分子が動き回る)と、膨張して密度が小さくなり軽くなります。

燃焼により生じた熱や生成物は、周囲の空気より軽くなるため上へと上がります。

燃焼現象が起こると、下から新鮮な空気が入り、生成物とともに上から空気がでていく上昇気流が発生します。

【熱が伝わる】

激しく動く分子が、穏やかに動いている分子にぶつかるとエネルギーが移動します。

温度が高いところから低いところへエネルギーが移動することにより熱が伝わり、温度が上昇します。

このように、エネルギーが移動して熱が伝わることを伝熱現象と言います。


伝熱現象により熱が伝わるには3つの方法があります。

個体から個体へ直接熱が伝わる「熱伝導」

空気(液体)の流れで熱が伝わる「熱伝達」

電磁エネルギーで熱が伝わる「熱放射(輻射熱)」


今回は、「熱」と「空気の流れ」についてお話しました。

まさか分子の話がでてくるとは・・・

大丈夫です。なんとなくのイメージで構いません。


1.燃焼現象が起きると下から上の空気の流れができる。

2.温度が高いところから低いところへ「伝熱現象」で熱くなる。

大事なところはこの2点です。


次回は、「物が燃えるということ」についてお話します。


消防団員さんは、様々な研修を通じて防火・防災について学んでいます。

地域を守るため、家族を守るために少しずつ防火・防災について知ってもらえると幸いです。

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page